橋のたもとの少年・②

恋愛

橋のたもとの少年・②

私たちの街は、女子は女子高に、男子は男子高にと、高校で別れるのが当たり前だった。今はすべて共学だが。

夏休みになると、我が家の向かいの商店に、あの、橋のたもとにいた少年が、卵を納めに来る(鶏卵店のバイト)。

私は、まるでストーカーのように二階の窓から、彼が、今日も元気に配達に来たことを確認していた

彼と同じ学校に行った男子からの情報だと、女子から告白されることは相変わらずあるらしい。

でも、放課後はバイトがあるから、お金をその女の子に渡して、1人で喫茶店に行けばという調子で、ものすごくモテはしなかったらしい。

「記念にください ボタンを一つ」。

青い空に捨てたボタンは、放物線を描いて自分の頭の上に落ちてくる。

あの日、

勇気を出して

ボタンをもらっていれば

好きですと一言言っていれば

今でも、

それを思い出すと、

15歳の私が、

泣き出す。

もう二度と戻ることのない、

初恋のあの春に。

最後までお読み頂きありがとうございます。この記事が役に立ったら、お気に入り登録(ブックマーク)お願いします!またきてくださいね~!
下に関連記事もありますので、ぜひお読みください。
コメントも待ってます~!