橋のたもとの少年・①

恋愛

橋のたもとの少年・①

卒業式が終わった。PTAの関係者以外のすべての行事が終わった。

私たちは外に出た。別れを惜しんで校門のところで、みんなで溜まっていた。

もちろん、それには、男子が誰からか第二ボタンをもらいたいと言われるか、また女子が好きな男子から第二ボタンをゲットするか、そのための余韻の時間だった。

私はどうしても、意地が強い。自分を道化にできない。

「ワタシガシツレンスルナンテアリエナイ」

大好きだった少年が、校門を出た向いにある橋のたもとに立っていた

私を待っていたのかもしれない。

私たちはお互いに「好き」と確認したわけではないけど、心は通じていた。

でも、私は、仲のいい男子たちとくだらないことをしゃべっていた。

誰からもボタンを欲しがられる予定のない彼らから、「ボタンあげっから」「いらな~い」とか話していた。

でも、視線は、橋のたもとにいる彼を見ていた。

橋のたもとにいた彼には、いくつもの後輩の集団がボタンをもらいに行った。

そして肩を落として泣きながら戻ってきた。

彼は、誰にもボタンをあげなかった

彼の元に行けばよかった

でも、

私は、

「きみにもあげない」と言われることが怖かった

1時間も経っただろうか。

彼は踵を返して、家に向かってまっすぐ帰って行った。

追いかければ、

追いかけなければ。

できなかった。

おばさんになった私。

今でもその光景の夢を見る。

最後までお読み頂きありがとうございます。この記事が役に立ったら、お気に入り登録(ブックマーク)お願いします!またきてくださいね~!
下に関連記事もありますので、ぜひお読みください。
コメントも待ってます~!