バレンタインデーのエピソード「手作りチョコ編」

バレンタインデー

バレンタインのお話

バレンタインデーのエピソード「手作りチョコ編」

みなさんこんにちは。もうすぐバレンタインがやってきますが、みなさんのご予定はいかがでしょうか。

人によっては一年に一度の大恋愛行事とも言えるのがバレンタインですね。特に恋人が居る方には敏感な話題なのではないでしょうか。

それに学生の方はバレンタインを全力で楽しむ方も多いですよね。

私の学生の頃のバレンタインの思い出と言えば、学校に持ち込み禁止なのに朝礼前に先生が来る前にみんなにチョコを配って教室が明らかにチョコの甘い香りで満たされたことです。これには先生も半笑いでしたね。

あれ、恋人にあげたエピソードじゃないんだと思ったそこのあなた。

残念ながら私は中高6年間女子校育ちで「彼氏?何それ?まぼろし?」状態だったのでお察しください(悲しい)

そりゃ憧れました。

バレンタインの日に大好きな彼氏に恥ずかしながらチョコをあげて「大好き」なんて言いながらイチャイチャしてみたかったですよ!でも私は友チョコ文化も大好きだったので仲良しの友達に配り歩いてました。

チョコはいつも手作りしていたので、今回は手作りチョコについてお話していこうと思います。

手作りチョコをしようと思ったきっかけ

きっかけと言うほどでもないですが、私はお菓子作りが好きだったので手作りをすることが多かったです。ですがお菓子作りは好きだけど得意ではありません。でもやっぱり手作りだとより気持ちが伝わる様な感じがして、どんなに大変でも面倒でも頑張りたい!て思っちゃうんです。

チョコだったら簡単なものもありますし、挑戦しやすいのでおすすめですよ。

私が得意なのは生チョコ

私が手作りでよくしていたのは、生チョコですね。生チョコは比較的簡単にできます。時間も40分程度あれば完成しますし、特別大変な作業もありません。

後は私が生チョコが好きというのが大きな理由ですね~(あ、余ったのを食べたいからなんて言っていません)

手作りで大変な作業と言えば‥

すごく単純なことなんですが、チョコを溶かすと言うのが意外と大変。溶かすだけなんだから簡単なんじゃないか!て思われがちですが、あの作業意外と根気がいるんです。

電子レンジを使用すれば簡単に済ますことも出来ますが、間違えると焦げます。もちろん焦げたチョコなんて美味しいはずがありません‥私も楽をしようと思って電子レンジを使用した事があるのですが、案の定失敗しました(笑)

結局チョコも時間も無駄にすることになってしまい悲しい結果に‥もちろん上手に時間や量を調節すれば成功しますし、とっても便利なのですが失敗してから逆に面倒かなと思ってしまった私は湯煎で溶かすようにしています。

何事もやっぱり楽していられない!ということで40度から45度程度でゆっくりに溶かすことが大事です。それに時間を掛けた方が完成した時の達成感は大きいですからね。

バレンタイン当日

チョコを誰かにあげる瞬間ってドキドキですよね。嬉しいことに私のチョコは毎年大評判なのです。

ラッピングもこだわり個性を全面に出しているからかな?

まあ何でも喜んでくれる姿を見るのは嬉しいし気持ちが良いです。自分の作ったチョコを「おいしい!!」と言いながらパクパク食べてくれる姿は幸せです。

今年のバレンタインはぜひ手作りに

そんなこんなでもうすぐバレンタインがやってきますが、友チョコでも本命チョコでも今年はぜひ手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

私はもちろん今年も手作りに挑戦します。

今年はどんなチョコを作ろうかなあと年明けからじわじわと作戦を練っていたところです。

バレンタインは普段思いを伝えることが出来ない相手にも伝えることが出来るとってもいいきっかけになります。

私は友チョコばかりあげてきましたが、きっと中にはバレンタインをきっかけに告白しようとしている女の子もたくさん居るんだろうな‥もちろん、告白まで行かなくても自分の好きな人や仲の良い人にあげるというのは喜んでもらいたいですし、受け取ってもらえるか不安と緊張で仕方ないですよね。

でも!勇気や努力した分だけ思いはきっと伝わるはずです。

ぜひ自分だけのチョコを作って、思いを伝えるきっかけにしてくださいね。私もみなさんのバレンタインが成功するの祈っています。

その前に私も自分のチョコが成功するようにレシピやらデコレーションやら研究しておかないと‥!

LINE@始めました。新着記事の通知や号外記事を配信します。登録をよろしくお願いします!
友だち追加