大学生のとき知らない間に浮気相手になり、やっと付き合えたと思いきや、結局浮気され浮気相手とできちゃった結婚したので捨てられました。

恋愛

大学生のとき知らない間に浮気相手になり、やっと付き合えたと思いきや、結局浮気され浮気相手とできちゃった結婚したので捨てられました。

中学高校大学と女子校だった私は心から人を好きになったことがなく恋愛経験も全然でした。

初めてのアルバイト先で社員の彼と知り合いました。

彼はアルバイト先で親身に指導してくれて、少し仲良くなった後に食事に誘われて、彼のバイクの後ろに乗り何回か夕食を食べに行きました。この人は私に気があるんだと思い、私も段々と意識していきました。

それから彼の家で映画鑑賞をしたりする内に彼を好きになりも進展はないまま。

奥手なのかと思い、私から映画鑑賞後のお泊りを提案してしまい、彼は同意しました。そのときにメールに「こんな大人に関わらない方がいいよ」など意味深な言葉がありましたが当時の私は意味がわかりませんでした。

お泊まりも最初はなにも起こりませんでしたが3回目から身体の関係を持ちました。

私の初めてでした。

身体の関係まで進んだのに、一向に付き合おうという発言は見られず、私から「付き合うの?」と聞いてみました。

そうすると彼は「年齢差がねぇ」とぼやかす返答が返ってきました。

その時、私は大学1年生。彼は27でした。思わぬ返答に私はショックを受けました。

それでも、心から好きな人に初めてを捧げたのだから悔いはありませんでした。

そこから彼とはそういう関係になりますが、私はその関係から彼女に昇格しようと意気込んでいました。

ある日、彼の家に泊まりに行くとテレビ台の上にピアスが置いていました。

彼が「誰のかわかる?」と聞いてきたのですが「わからない」と答えこれ以上深く聞くのが怖くなり、話は終わりました。

このとき私は自分以外にもそういう相手がいるのかと思っていました。そして、バイト先で別の社員さんから「彼はA子(私の一個上のバイトの先輩)さんとすごく親密な話をしてるから付き合ってると思う」と聞き頭が真っ白になりました。

彼の自宅で確認すると「そうだよ」と言われ、こんなにも好きになってしまった気持ちを止めることができず、自分のものにしたいという欲が出てしまいました。

そこから、この関係をやめられず、家に行くたびに[私と違う髪が落ちてる。ドライヤーの巻き方が彼と違う。パジャマが綺麗に畳まれている。]など彼女の出入りを密かに確認していました。

しばらくしてから、彼に「実家に帰るから1日だけ飼い犬の面倒を見ていて欲しい。」と頼まれました。彼に鍵を借り、犬の面倒を見てました。

次の日、彼の家に借りた鍵を使って行くと、帰ってきた形跡はあるも彼は仕事に出かけていました。机にはプリクラが置いてあり、彼とA子さんが幸せな笑顔で写っていました。

彼は実家に帰ったのではなく、A子さんと旅行に行くために私に犬の世話を任せていたことを知りました。

騙されたショックもありますが、彼と違う子さんの幸せに水を差している自分にすごく罪悪感がわき、彼から離れようと思いました。

それを彼に伝えると、A子さんは色々同情する面があって付き合っているが私のことを想っている。A子とはいつかわかれるから関係を続けて欲しいと言われ、また心が揺れ動いてしまいました。

結局断ち切ることができませんでした。

その間もバイト先では彼とA子さんが付き合っている噂を聞かされて、知らないふりをして笑顔で聞いたり、バイト終わりに彼の家の方面に行くA子を見つめるなど、辛い思いもしていました。

それでもダラダラとこの関係を続けていたある日、私が彼の家でドライヤーをしていると、ガチャッというドアの鍵が開く音が聞こえました。そのあと2重ロックに引っかかる音も。

そして、ピンポンの音が、彼の携帯の着信音。A子さんです。

心臓の音が鳴り響いておかしくなりそうでした。そのまま居留守を使い、その場は収まりました。

その後も中々別れない彼に私の心は情緒不安定になり爆発。

メールで「A子さんに別れようと送って、それをスクショして私に送らないと二度と関わらない。」と彼に送りました。

そうするとそれを実行し、ちゃんとスクショを送ってきて、やっとかと思う一面モヤモヤが残りました。

晴れて付き合うことになったと思いきや、A子が合鍵を持ったまま。

A子の荷物も残ったままなことが気に食わず、またイライラを募らせていました。再度爆発。その後荷物はなくなりました。

冬で寒い夜、コンビニに買い物に行きたくなった私は彼のクローゼットの奥からダウンを借りて一人コンビニに行きました。

部屋を出てから気づきました。ダウンのポケットにA子の荷物が入っていたことに。

部屋に戻ってからクローゼットを物色するとどんどん出てくるA子の荷物。

彼は返したと嘘をついて隠していたのです。

怒った私に彼は「じゃあ好きにすればいい」といってきたので、それをビニール袋にまとめ、帰りのコンビニのゴミ箱に捨てました。

そこからもA子さんの影に怯えながら、彼と付き合っていました。お金もないし、顔もあんまり。更に女たらしときてるのに、なぜにこんなに執着しているのか今の私にはわかりません。

夜遅くに家に呼び出したり、寒い空の下待っていることを知りながら平気でコンビニで漫画を読むような人間でした。

いっぱい嘘をつかれ、浮気をするような彼です。

信じることが出来なくなり、何度も喧嘩をしながら日々過ごしていたある日、アルバイトの別の先輩から呼び出しをくらいました。

A子が私と彼が付き合っていることに気づき、バイト先の先輩とお局に相談したのです。

そこから先輩とお局が積極的にこの三角関係を仕切り始め、結局私ともA子とも別れることになりました。

その時期、彼の部屋に一枚のメモが置いてあり、私とA子のいいところと悪いところを天秤にかけるような内容のメモでしたが詳しく中身を見ることはできませんでした。

その後、彼から「こっそり付き合ってほしい」という連絡がきてその通りにすることに。

せっかく付き合い直すのだから、彼を信じてみよう。もう疑うことはやめようと決意しました。

それが仇となり、A子は全くのノーマークとなりました。

それからしばらくしてから彼と喧嘩して別れることに。

悲しみにくれる私に少し経ってから彼からメールがきて呼び出されました。

「何の話だと思う?いい話?悪い話?」と彼に聞かれ、私は「わからない」と答えたが内心、やり直したいということかと少し想像していました。

その後彼が「子供ができた。誰のかわかる?」と言ってきて、一瞬で悟りました。

「A子さんなんだね?」と聞くと「そう。だからA子と結婚する。本当は私を愛している。」と伝えてきました。

喧嘩で別れていると思っていたのに実は妊娠が発覚したからであることを知り驚きましたが思いのほか冷静な自分がいました。「わかった。」と受け入れて別れました。

そこで少しだけ目が覚めました。

あぁ、私に子供ができたんじゃなくてよかった。こんな男と結婚して、せっかくの資格の勉強も台無しになってしまわなくてよかったと。

しかし、心の傷が深く、しばらくは子供を見るだけでも気分が悪くなりそうでした。

ストレスからか今まで順序よく来ていた生理がこなくなり、自分も同じタイミングで妊娠してしまったのか、と考えたら吐き気がしてきて、ますます不安な日々を過ごしていました。

彼はA子さんと籍を入れたのだから今私が妊娠しても見捨てられる。

不安に耐えかねて妊娠検査薬を初めて買い、駅のトイレで調べて陰性になった時は涙が出そうでした。

それからも彼から連絡は止まず、関わりは断ちたくないということでしたが、私の意思は固く、もう奥さんと子供がいるわけだからあの関係にはなれない。関わらない方がいいと断っていました。

それでも、急に夫・父親になりストレスが溜まっていく彼を気の毒に思ってしまい、絶対友達以上のことはしない約束でファミレスで資格の勉強をするようになりました。

その期間は全くスキンシップは取っていません。

しかし、彼と私がメールしていることがA子さんにばれて、二度と連絡するなというメールが来ました。

私は謝罪して、その後、彼とは連絡を取り合うことはありませんでした。

それから社会人になった私は誠実な彼とお付き合いをすることになりました。

とても平穏な日々を送っていたある日、彼とデート中に着信履歴があることに気づきました。そこには彼の名前が。

メールで「何のよう?」と素っ気なく返すと「電話して」と、「今出かけてる」、「電話して」、「電池ない」、「電話して」と何回も返ってきました。

腹が立ちながらも彼の番号に電話すると、知らない女の人の声が「A子の母ですけど、あなたまだ彼と会ってるみたいやね。証拠もあるんですよ。これ以上関わるなら訴えますよ。」と。

あれから彼と会ってない私は驚き、否定しましたが、全く聞き入れません。

その後A子が出てきて、「お前いい加減にせえよ。訴えたるからな。」とヤンキー口調で怒鳴ってきました。

私は冷静に否定し、最後にやり取りしたメールをA子のメールに送りました。

どうやらA子の勘違いだったらしく(多分一年前のこの時期の出来事?)メールが来て、「会ってないみたいやな。それは悪かったけど、お前がしたことは・・・・・」と長々怒りのメールがきました。

私は、あなたも私からできちゃった結婚で彼を奪ったくせにと思いながらも、子供もいる家庭をこれ以上騒がせないでおこうとぐっと堪え、改めて謝罪し、「彼との連絡経路は拒否設定するので、次はA子さんの連絡先から連絡してください」と送りました。

それから連絡はありませんでしたが、子供も出来た今、まだA子は不安にさせられているのだと思うとつくづく彼とは別れられてよかったと実感しました。

そして、この件から彼らの幸せを一切願えなくなりました。

また、平穏な日々を過ごしていたある日、SNSにA子の名前が・・・。

懐かしくて見ていると紹介文にシングルマザーと。

たしかに名前も旧姓になっていました。結局彼とは別れ、仕事をしながら頑張って子育てしているようです。

可愛らしい顔をしているA子さんですが、お子さんは彼にそっくり。なんとも言えない気分になりました。

私は今もその時の彼と平穏な日々を暮らしています。

相手が変わるだけでこうも自分の心の余裕、性格、充実度が変わることをしみじみ感じています。

最後までお読み頂きありがとうございます。この記事が役に立ったら、お気に入り登録(ブックマーク)お願いします!またきてくださいね~!
下に関連記事もありますので、ぜひお読みください。
コメントも待ってます~!

Posted by 管理人