とても可愛い豆柴の魅力や特徴、カフェについて

2018年12月20日ペット・生き物

豆柴

今からとっても可愛い柴犬のミニバージョンとも言える、『豆柴”まめしば”』の魅力や特徴について、また現在ではあまりの可愛さから、『豆柴カフェ』があるのをご存知でしょうか?

どこに行けば会えるのか、また、『小豆柴”あずきしば”』って?の真相や、他の小型犬とは世話の仕方などは違うのか?性格は?など、豆柴好きが、豆柴好きの方や犬好きの方の為に!!ご紹介させていただきたいと思います。是非、最後までご覧下さい。

基本!?実は豆柴は犬種じゃない!?

じゃあなんなのって話ですよね。

これは物凄く単純な理由で、豆柴は柴犬とみなされており『豆柴』という名では犬種にまだないということでした。

ですが仲間入りも遅くないと言われてます。

豆柴=柴犬ってこと!?

現在では、犬種でいえばそういうことになります。が、アジアでは2016年に『豆柴』が公認されています。

日本では柴犬になってはいても柴犬という事実も違う為『小さい柴犬』と呼ばれます。

豆柴はどれほどのサイズなの!?

勿論、原産国は日本であり、体重は意外にも”平均5kg”です。

体高ですがオスとメスとでは多少しか異なりませんが、♂34cm未満,♀32cm未満だと言われています。

赤、茶、黒、白とどの色も可愛いです。

噂の『小豆柴』は一体・・・!?

柴犬がいて、豆柴がいて、小豆柴!?と初めて耳にする方の為に簡単にご紹介します。

実は、豆柴よりも小さいのが小豆柴で、世界一小さい柴犬と言われており、その小ささは豆柴の半分です。

小豆柴が豆柴の半分サイズって本当!?

沢山調べましたが本当でした。なににせよ、柴犬→豆柴→小豆柴というのがそもそも間違いでした。

正しくは、柴犬→豆柴→極小豆柴→小豆柴と、豆柴と小豆柴の間に””がいたのです。

小豆柴、そんなに小さいと寿命も・・・!?

いえ、全くそんな事はありませんでした。

平均寿命15歳前後と、柴犬と変わらないどころか、犬全般、大体それくらいだと言われています。

なんと18年以上と長生きした小豆柴もいたようです。

豆柴カフェがあるってどこに!?

検索してみたところ、沢山あり私も驚いています。

一番の人気京都府にありました。

東京福岡関東にもあり大体全体を見ても大人価格で、30分,700円~1000円とそこそこのお値段でした。

小さい柴犬(豆柴)の特徴は!?

見た目としましては、その名の通りなのですが、豆柴は皮膚疾患病気にかかりやすいと言われています。

また、独立心や警戒心も強い為、可愛さ故に甘やかしすぎる事は絶対にダメです。

皮膚疾患の原因と対策は!?

カビ、ダニ、ハウスダスト、ホルモン異常、アトピー、アレルギーと原因は複数です。

ですから対策としましては、まずは清潔に暮らしやすい部屋を作ってあげ保つ事と定期的なブラッシングは必須です。

不調のサインをより早く気付くには!?

皮膚疾患にかかりやすいとは言え、小さいから余計にという事は無く、ほとんど柴犬と同じです。

ですので丈夫な犬種でもありますが安心はできませんので食欲、鼻の乾き、ヨダレは気にして下さい。

性格や飼い方は!?

少し上記と被りますが、小さいとは言え、性格も飼い方も『柴犬とほぼ同じです。

皮膚疾患の対策とも被りますが毛が抜けやすい傾向があります。一日に最低一回はブラッシングしましょう。

飼い方のポイントは!?

柴犬と同じく、豆柴も活発で動くことが好きですので散歩は毎日最低一回は連れていく事と、満足していない様子に見れる日は、運動が足りていないという合図ですので、豆柴に散歩は必須です。

もっと知りたい豆柴の魅力!!

心許す飼い主等には忠実でとても明るい見た目通りの愛らしい性格をしている為、フレンドリーなワンちゃんです♡

年配の方にもお子様にも世話がしやすいというのは、なによりも魅力大です。

小さい柴犬を飼うか悩まれている方へ!!

そもそも柴犬が人気です。

室外で飼いたいと言う方には不向きですが室内で、マメな作業が苦手でない方、雨でも散歩に行くくらいの気持ちが無いといけません。

が、家族の一員として是非…♡

全体的のまとめ

極小豆柴や、小豆柴と知らなかった方も多いのでは無いでしょうか?犬種としては存在せず、”小さい柴犬”が正式名ということでした。

また、皮膚疾患にかかりやすいなど豆柴だけに・・・マメな世話、ブラッシングや散歩(運動)が必要という事でした。

可愛い可愛い豆柴も小さいのに更に半分のサイズと言われる小豆柴でも、柴犬と飼い方や寿命も変わらず、年配の方からお子様まで世話のしやすいという特徴も分かりました。

飼いたい~!!!

いかがだったでしょうか??皆さんも飼いたいが増したのでは無いでしょうか。

愛らしい…小さいあまり、潰してしまわないか心配もありますが…帰宅後に出迎えてくれる姿が想像でき可愛すぎます!

最後までお読み頂きありがとうございました。

最後までお読み頂きありがとうございます。この記事が役に立ったら、お気に入り登録(ブックマーク)お願いします!またきてくださいね~!
下に関連記事もありますので、ぜひお読みください。
コメントも待ってます~!

関連記事

Posted by 管理人