好きこそモノの記憶なれ!

考え方・学び

「好きこそ物の上手なれ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

勉強でも仕事でもスポーツでも「自分が好きなものほど覚えが早く、そのぶん上達するのも早い」という経験は皆さんにもあるはずです。

この機会に、記憶力について、記憶してみませんか?

それは、あなたの人生をさらに豊かにするかもしれません。

なぜ好きなら、上手になるの?

私たちの脳には、感情を司る「偏桃体」という部位と、新しい記憶が最初に記憶される「海馬」という部位があります。

海馬の中では、取り込んだ記憶を整理整頓してから、それらを長期記憶として大脳皮質に保存するか、そのまま忘れてしまうか、という振り分けが行われています。

海馬は、脳の門番の役割を果たしているのです。

扁桃体は海馬の隣にあり、好き、嫌いなどの感情を、海馬に伝えます。

そのため、心を激しく揺さぶるような出来事などの「感動にラッピングされた記憶」は、海馬に長期記憶として認定されやすく、いつまでも大脳皮質の中で記憶にとどめられています。

記憶は、情緒や感情の働きに大きく影響されているのです。

好奇心を刺激する好きな科目の成績が良くなったり、大好きなコーチによる指導によりスポーツが上手になるのも、扁桃体が海馬に影響しているためだといえるでしょう。

好きになるって?

しかし、感動する契機は成長するにつれて、少なくなってしまいがちです。

あなたは最近、いつ感動しましたか?

子供のころは、見るもの聞くものすべてが初めてのことばかり、どれも新鮮で、毎分毎秒が感動の連続だったはずです。

ところが、私たちは大人になると、見聞きすることのほとんどはすでに経験済み、または経験していなくても今までの他の経験からおよその予想がついてしまうのです。

いわゆるマンネリした状態になってしまい、心が大きく揺さぶられることが次第になくなっていき、結果的に記憶力が悪くなったように感じてしまうのです。

そうならない為に、日ごろから感情を出す練習をしておくことをオススメします。

ちょっとしたことにも、素直に感情を出して「へぇ~!なるほど!」とか「それはすごいね!」などと言ったり、積極的に好きなところを見つけながら記憶していくと効果的です。

感情や感覚やイメージや想像力を総動員して、自分の脳を大きく揺さぶりながら、覚えたいことを感動でラッピングしていくのです

これを繰り返すことで、記憶したいものを、効率的に長期記憶にできると言えます。

おわりに

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木しげるさんは「好きなことだけをやりなさい。 好きなことは一生懸命やりなさい」という言葉を残しました。

好きなことは、一つでなくてはならない、という決まりはありません。

好きなことをやる前に、もっと好きなことを探してみると、新しい発見があるかもしれません。

関連記事

LINE@始めました。新着記事の通知や号外記事を配信します。登録をよろしくお願いします!
友だち追加

oniwatson

Posted by 管理人