嫌なことが起きたとき、たった1つの考え方でそれを無効化する方法

考え方・学び

嫌なことが起きたとき、たった1つの考え方でそれを無効化する方法

ガタ……ン……ゴ…ト……ン。 

今日も良いことが無かった。 

いや、良いことはあるんだけどそれが見えていない愚痴太郎、じゃなくて遅延太郎です。 

自己紹介を、と言いたいところですが嫁に「スマホパソコンは子供が寝てから」と言われているため、手短にいきます。 

僕は嫁の実家で暮らしているマスオさんなんですけども、まぁいろいろ毎日嫌なことがあるわけですよ。 

嫁からは奴隷扱いされて、 

嫁親からはなんか「よそ者扱い」されて、 

職場では、 

おっと、これ以上喋るとまた愚痴太郎になりそうなので、ここまでにしておきます。 

僕が言いたいのは、人間生きていれば嫌なことはたくさんあるということです。 

そこで僕が編み出した嫌なことを無効化する最強の考え方をお伝えしようと思います。これは旦那の実家で暮らしている女性の方にもかなりオススメな方法となります。 

嫌なことが起きたらしょうがないと思えるかどうか 

仕事や家のことで、必ず発生する嫌なこと。 

嫌なことは生きている限り必ずつきまとうものです。 

そこをどう受け止めて流せるかが重要だと考えます。 

基本的に嫌なことが起きたらそれをしょうがないと思えたらかなり楽になります。 

それをしょうがないと思えず、流せないから苛立ちが起きて不満に繋がります。 

それが積み重なっていくとストレス、病気へとアップグレードしていくわけです。 

正直、僕は嫁に対して毎日不満がたくさんたくさんたくさん、、数え切れないほどたくさんあります。 

いや、わかりますよ。 

全てをしょうがないと思えるのだったら、ストレスフリーで生活できるってこと。 

そりゃあ性格による部分が大きいのもわかります。 

そこで僕は万人がある程度簡単に嫌なことを無効化できる方法を思いついたんですよ。 

仕事だと思えば全て解決! 

そうです、仕事だと思えばいいんです!! 

仕事であれば大抵の事は我慢できます。 

しかも、ほとんどがしょうがないと思えるでしょう。 

え?仕事であっても我慢できない? 

あ、じゃあ以後は流し読みで大丈夫です(笑) 

実例 

例えば、仕事で失敗をして上司に怒られた。まぁこれは普通の出来事ですよね。 

では家で失敗して嫁に怒られた。もしくは旦那に怒られた。あなたは素直に自分の非を認めることができるでしょうか? 

これが意外と難しい。 

自分では悪いと思っているけどやっぱり嫁や旦那に注意をされたり怒られたりするとなかなか自分の非を認めることができない。 

頭ではわかっているけど感情がついていかない。 

そこで便利なのが仕事だと思うこと。 

仕事であれば失敗をして怒られるのは当たり前=嫌なことが起こるのは当たり前。 

あきらめがつく。 

という思考に繋がるわけです。 

いちど試しにやってみると良いでしょう。 

(まぁ今書いてて思ったけど僕にしか、なんかできないような気がする) 

仕事だと思う方法は諸刃の剣 

まぁここまで書いておいてアレなんですけど、実はこの方法諸刃の剣なんです。 

と言うのも、常に仕事仕事と思うと人間の心がなくなっていくんです。 

僕が良い例です。 

もう僕の中に嫁を思う心はありませんし嫁の親を大事に思う心もありません。 

ただ毎日が仕事と思うだけです。 

あれ?これって生きてる意味ないんじゃね? 

と思うこともあるかもしれませんがそこはあまり深く考えないようにしています。 

そこをあまり深く考えると人生リセットしたくなりますからね。 

まとめ 

実際のところ、これを実践すると本当に僕みたいに闇に染まってしまう諸刃の剣でもあります。 

でもこれで少しでもあなたのストレスが減るのであれば僕は幸いです。 

仲間が増えたー。ごほん。 

まぁ、あくまで自衛の1つだと思って実践してみてください。 

ここに書いてあることは全て自己責任でよろしくお願いします。 

それでは今日は失礼します。 

最後までお読み頂きありがとうございます。この記事が役に立ったら、お気に入り登録(ブックマーク)お願いします!またきてくださいね~!
下に関連記事もありますので、ぜひお読みください。
コメントも待ってます~!

関連記事